料理教室『マサコ料理センター』 大垣市 家庭料理 薬膳料理 成人料理

日比昌子ご挨拶と紹介
スクール概要&MAP
入学案内
生徒さんの声

お料理例
料検懇談会のようす
新聞掲載記事など
ちょっと休憩
香り会館

おすすめレシピ
せつやくレシピ
病人食レシピ

病人食って難しい?薬膳のマサコ先生がお手伝いします!
大根のヨーグルトソース添え
<材料>
大根・・・・・・・300g
塩・・・・・・・・小1

(A)
プレーンヨーグルト・・・・・C1/2
塩・・・・・・・・・・20g
にんにく・・・・・・・小1/2(すりおろす)

【作り方】
@大根と茎を切り離す。大根は皮をむいて千切りにする。
A上の@をボールに入れ、塩小1をふってまぶし、5分間ほど置く。
B(A)のヨーグルトソースの材料をボールに入れて混ぜ合わせる。
C上で準備したAの水気を絞り、Bに加えて和える。

柿の白和え
<材料>
木綿豆腐・・・・・・・100g
柿・・・・・・・・・・70g
小松菜・・・・・・・・20g
生椎茸・・・・・・・・2枚
人参・・・・・・・・・2g
牛乳・・・・・・・・・小さじ2
練りごま・・・・・・・小さじ2
砂糖・・・・・・・・・小さじ2
塩・醤油・・・・・・・少々
銀杏・・・・・・・・・5個

【作り方】
@木綿豆腐は茹でて、布巾で固く絞り水気を切る。
A柿は皮を向き、銀杏切りにする。
B小松菜は塩茹でし、2cmの長さに切る。
C生椎茸はあぶって千切りにする。
D人参は千切りにし、茹でて水気を切る。
Eすり鉢で@の豆腐を擂り、牛乳、練りゴマ、砂糖、塩、醤油を入れて良く混ぜる。
F上のEにABCDを加えて混ぜ合わせる。
G混ぜ合わせたFを器に盛り、茹でた銀杏を乗せる。

<マサコ先生の一口メモ>
※大垣特産の柿は、「大垣」が「大柿」と記されたほどゆかりが深く、また大変栄養価が高いので、医者いらずの果物とも言われています。二日酔いのお父さんにも最適ですね!

豆腐のとろろステーキ
<材料>
木綿豆腐・・・・・・・1、1/4丁
大和芋・・・・・・・・150g
だし汁・・・・・・・・大3
生椎茸・・・・・・・・4枚
大根・・・・・・・・・100g
葱・・・・・・・・・・1本

<a>
だし汁・・・・・・・・C1
味醂・・・・・・・・・C1/4
醤油・・・・・・・・・C1/4

削り節、糸のり・・・・各適宜

【作り方】
@豆腐は1丁を4つに切り、布巾に包んで軽く水切りをする。
A大和芋をすりおろし、だし汁を少々加えてよく混ぜる。
B生椎茸は、石づきを取って薄切りにする。
C大根はすりおろし、水気を切る。
D葱は小口切りにする。
E、@に小麦粉をまぶし、油で焼いて器に盛る。
F鍋に<a>を入れ、Bを加えて少し煮る。
G、EにAをかけてCをのせ、Dと削り節、糸のりを散らしてFをかける。

<マサコ先生の一口メモ>
※豆腐やとろろは栄養満点でお腹にもやさしいですので、病中、病後にはもってこい!精力もつくので、病気で弱った体に最適ですよ!

ミルクスープ
<材料>
生椎茸・・・・・・・3枚
マッシュルーム・・・5個
ほうれん草・・・・・80g
玉葱・・・・・・・・1/4個
スープ・・・・・・・C1、1/2
牛乳・・・・・・・・C1、1/2
生クリーム・・・・・大3
バター、小麦粉、塩、胡椒

【作り方】
@ほうれん草は、たっぷりの熱湯で茹で、水にとって冷まし、水気を絞って1cm長さに切る。
A椎茸は軸を取って薄切り、マッシュルームと玉葱も薄切りにする。
3鍋にバター1を溶かし、玉葱を中火でしんなりするまで炒める。小麦粉大1を振り入れ、弱火で焦がさないように炒める。
C続けてスープと椎茸、マッシュルームを加え、あくを取りながら2分ほど煮る。牛乳を加えて温め、沸騰直前に生クリーム、ほうれん草を加え、熱くなる程度にサッと煮、塩、胡椒各少々で調味する。

<マサコ先生の一口メモ>
※栄養満点でお腹にやさしく体を温めるスープは、病気で弱った体にピッタリです。

COPYRIGHT(C) マサコ料理センター ALL RIGHTS RESERVED.